Home > 企業案内 > 安全・環境への取り組み

安全・環境への取り組み

地球にやさしく、人にやさしく

企業の社会的責任を語るうえで、安全と環境はもっとも重要なキーワード。
ナチロジスティクスでは、すべての部署のすべての社員が責任感、使命感で高い意識をもち、
グループ企業やパートナー企業とも連携しながら、
安全と環境を両輪としてとらえ、積極的な取り組みを展開しています。


パートナー企業との安全に向けて会議

トラックの整備点検講習

KYT訓練(危険予知訓練)

構内車両点検講習

合同安全部会議

フォークリフト点検整備講習

安全への取り組み

事故ゼロセイフティドライブを徹底

速度は一般道路で60km/h、高速道路で80km/hを、車間距離は一般道路で速度の半分以上(60km/hの場合、30m以上)、高速道路で速度と同等以上(80km/hの場合、80m以上)を順守。
さらに、全車両にデジタルタコグラフを、一部車両にドライブレコーダーを搭載して運行状況を把握し、速度超過、急発進・急停止、急ハンドルなどの危険行為がみられた場合は、すみやかな改善を促します。

実例の分析から最良の安全対策を構築

事故になりかねなかった事例を報告する、ヒヤリハットカードの内容を分析し対策を講じることで、また、事故の全貌を全社にすみやかに開示することで、安全への意識を高め、事故の防止につなげます。

毎日の点検・整備で故障や事故を回避

ドライバーによる日常的な点検・整備・清掃を毎日おこなうほか、車両整備士による精密な点検・整備をおこなって、故障や事故の原因となる不具合をすみずみまで解消し、つねに万全な状態で運行できるようにしています。

セイフティドライブ技術を高める講習を実施

社内もしくはパートナー企業と合同で講習を定期的に開講。
危険予知訓練などをおこない、より高度なセイフティドライブ技術の習得と、事故ゼロに対する意識の向上に努めています。
また、半年あるいは3年間、無事故だったドライバーへの無事故表彰もおこなっています。

信頼の証である安全性優良事業所に認定

安全性に対する法令順守の状況、事故や違反の状況、安全性に対する取り組みの積極性の3項目について評価を受け、2006年1月には東富山営業所が、2008年1月には富山営業所が、それぞれ安全性優良事業所に認定されました。

安全性優良事業所WEBサイト(外部リンク)

年度ごとに輸送安全マネジメントを表明

実践目標と重点実施項目を定めた輸送安全マネジメントを年度ごとに表明し、すべての部署のすべての社員に周知徹底しています。

輸送安全マネジメント(2019年度)

ページ最上部へ

環境への取り組み

燃料を節減するエコドライブを徹底

一定速度で走行する、急発進・急停止を避ける、アイドリングをしないなどエコドライブを徹底することで、燃料の浪費をなくし、CO2、NOx、PMといった大気汚染や地球温暖化の原因となる物質の排出を抑制しています。

エコドライブを支援する機器を設置

全車両にデジタルタコグラフを搭載し、データを解析してさらなるエコドライブへの改善を促すほか、一部車両に燃焼式ヒーターを搭載し、アイドリングストップの状態でも車内を暖房できるようにしています。

エコドライブ技術を高める講習を実施

社内で講習を定期的に開講しているほか、外部の講習にも積極的に参加し、より高度なエコドライブ技術の習得と、環境保全に対する意識の向上に努めています。

ISO14001環境保全の国際規格ISO14001を取得

本社、東富山事業所で2004年8月にISO14001を取得し、これに準拠した環境マネジメントシステムを構築して、すべての社員に周知徹底しています。

環境方針

原材料となる廃棄物を回収・運搬

加工の際にでた鋼材などの切粉・研磨粉を、原材料として県内外の工場に卸す不二越のリサイクル事業において、その回収・運搬を請け負っています。